ある陸上少年の話

彼は中学3年の時に、2つの高校の陸上部からお誘いを受けました。

親とも相談しながら、真剣に将来の事を考え、
自分の行きたい学校、指導してもらいたい先生を
幼いなりに本人が判断し、進学する学校を決めました。

その先生の元で、さらに練習を重ね、成績を伸ばそうと張り切っていた、
春の日の入学前の出来事。

もちろんその先生が一番悔しかったでしょう。

彼だけではなく、他の中学からも陸上の優秀な生徒を
ひとりひとり、努力して集め、強い陸上部を作ろうと励まれてました。

なのに、他の学校への転勤という突然の辞令。

子供たちの決意は?
先生の熱意は?
学校での活躍の場は?

そんな事どうでも良かったの?
小さな事なの?
勉強じゃない事で学校を決めた経緯は無視なの?

きっと彼も悔しかったでしょう。
導いてくれた先生は居なくなる、
そして、後任の指導者も居ないという事実も知らされて
とてつもない不安を抱いた事でしょう。

もしかしたら、ふてくされて挫折するんじゃないかと心配でした。

f0124745_20571240.jpg

でも彼とそのチームメイトは、決してめげなかったのです。
励まし合って、彼らなりのやり方で、
時には他校の先生の教えを頂く場も与えてもらい、
切磋琢磨し合って、練習も試合も楽しく頑張ってきました。
その結果、1年の大会、2年の大会でも、彼を含め先輩後輩いろんな選手が活躍し、
表彰台にも何回も登りました。

f0124745_20563178.jpg


そして高校生活最後となる、3年になって出場した先日の高校総体県大会。
本人だけでなく、周囲のものすごいプレッシャーの中、

f0124745_2110104.jpg


彼は見事に優勝を飾ってくれたのです。

ゴールの瞬間の、控えめだけど嬉しそうなガッツポーズ
それを見ていた親は、過去の不運な出来事が瞬時に蘇り、
心から祝福する気持ちが沸き上がって、こっそりと声をあげて泣いていました。
「良かったなあ、良かったなあ」って何度も何度も。

本人たちにとっては、純粋に嬉しい結果なのだと思います。

我々大人から見たら、そんな経緯を経て成し遂げた事に対し、
余計に嬉しく誇らしく思ったのです。

夢の全国大会まで、あと1ステップ。
チームの仲間と共に、きっと成し遂げてくれるように、神に祈ります。
[PR]
by onsenheights | 2009-06-11 20:27
<< 花図鑑その2 ハイツ・いこいの村協議会 >>