あの雨の意味は・・・

120602ほたる祭りコンサート@宇宙科学館

f0124745_2311542.jpg


このコンサートだけはいつも晴れる。
誰もがそう思っていました。

雨マークの天気予報を裏切る夕焼け空に、
スタッフも出演者もお客様も、
ほーら、今年も晴れたっ、と喜んでいました。

開始直前までは…。

f0124745_2313024.jpg


スタートの15分ほど前から、何だか急に雲行きが怪しくなり、
小さな雨がポツリポツリ。

ついに降ってきたかぁと思う間もなく、すぐに激しい雨に変わりました。

f0124745_2314732.jpg


雨が過ぎるまで待つのか。
このまま中止してしまうのか。

最悪のタイミングの雨に、開始を躊躇するばかりの状況がしばらく続きました。

でも、今年も楽しみにしていたと、大勢のお客様がすでにお越し頂いてます。

f0124745_232511.jpg


そんなムードを打破する一言。

上のテラスでやろうよ、誰かがそう言い出してくれた時には、
もう想いは皆同じであったようです。

そうと決めてからは一気に、
スタッフや出演者だけでなく、
お越し頂いているお客様までお手伝い頂き、
あの長い階段の先のテラスの下まで機材を運び、
急ごしらえでステージを作りました。

f0124745_2321871.jpg


そして、遅れて始まったコンサートはこれまで以上に大盛況でした。

出演して頂いた北村尚志さんも、WESTWINDSのみなさんも、
本当は、あの煌びやかな灯籠の客席に向かって唄いたかったはずです。

f0124745_2323571.jpg


でも何だか、そんな無念さを忘れさせるような、
とにかく楽しんで頂こうという想いが詰まったパフォーマンスでした。

きっと、お客様にその気持ちが伝わったのだと思います。

f0124745_2325564.jpg


良く見渡してみれば、宇宙科学館というこのサイバーなデザインの空間も、
なかなかイイ感じの場所かも、そう思えてくるほどでした。

とは言え、快く急な対応を行って頂いたSTUDIOINPUTのみなさん
出演して頂いた、北村尚志さん&西山茂樹さん
尾形風竿さん率いるWESTWINDSのみなさん、
ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

そしてご来場頂いたたくさんのお客様、ありがとうございました。
お待たせして申し訳ありませんでした。

f0124745_233845.jpg


あとで聞いた話しによると、
ほんの短い間のあの雨は、降ったのは極めて局地的だったそうです。

6月の空に試されてたのかも、
一夜明けてそんな風に感じてます。

でも、また来年はあのステージで、そう願ってます。
[PR]
by onsenheights | 2012-06-04 00:11
<< 120728 Jae Hyo ... ほたるコンサート >>